太陽光発電で土地有効活用
より詳しい内容を知りたい方はこちら

コンパクトソーラー発電所とは? コンパクトソーラー

コンパクトソーラー

今年7月に開始されたばかりの全量買取制度。大企業の数億円規模でのメガソーラーの設置事例のみが紹介され、土地なしの投資家やサラリーマンには縁がないと一般的に思われていますが、コンパクトソーラー発電所は、土地なしの投資家やサラリーマンでも出来て、大きなキャッシュを生み出す発電システムです。
コンパクトソーラー発電所は、30、40、50キロワットの3タイプの小型発電施設と不動産をパッケージにして販売します。耕作放棄地などの遊休地を有効活用するため投資額も抑制出来ます。
パッケージには、土地探しから、整地やパネルの搬入・設置、フェンス工事、電力需給関係の申請手数料、経済産業省への設備認定手数料も含まれ大変分り易い形にしています。

コンパクトソーラー

なぜ発電事業なのか? コンパクトソーラー

今なぜ、エネルギー活用か? コンパクトソーラー

事業理念 コンパクトソーラー

1.エネルギー革命 コンパクトソーラー

原発問題による代替エネルギーの民間レベルでの普及、CO2排出抑制などによる環境貢献

2.年金改革 コンパクトソーラー

年金不安の時代に利回り9%の高収益による副収入の確保、プラス節税メリットでさらに収入UP

3.不動産賃貸革命 コンパクトソーラー

遊休地や休耕地を有効活用できる、固定資産税の負担から解放され不動産収益が確保できる

全量買取制とは? コンパクトソーラー

太陽光など再利用可能エネルギーによる電力を電力会社が固定価格で全量を買い取る制度です。従来は自己消費分を差し引いた余剰電力が売電の対象でしたが、全量買取制度では、太陽光で発電した電気のすべてが売電可能となります。
電力会社が電気を買い取るためのお金は、電力を利用する一般の人から、毎月数十円の賦課金というかたちで集めます。この制度では太陽光など、国が定める要件を満たす設備で新たに発電を始める場合、発電する電気のすべてが買取対象となります。

コンパクトソーラー

買取期間と価格 コンパクトソーラー

2014年(平成26年)4月から再生可能エネルギーの固定買取価格について、非住宅用太陽光発電 (10kW以上)は32円 /kWh(税別)となっています。 固定買取価格は毎年、事業者の利潤(採算性)や賦課金の状況などで見直されます。
2014年度の再生可能エネルギーの固定買取価格
種類 単価(税別) 期間
太陽光発電 非住宅用(10kw以上) 32円 20年間

なぜ、再生可能エネルギーが必要か コンパクトソーラー

日本のエネルギー自給率は約4%と低く、そのほとんどを輸入に頼っています。化石燃料の埋蔵量には限りがあり、価格の高騰も予想されます。また地球温暖化防止のため、二酸化炭素(CO2)の排出量削減は大きな課題です。このようなことから、今、注目されているのが再生可能エネルギーです。
一度、設備を整えれば、風、太陽、地熱など自然の力で繰り返し電気を生み出すことができるエネルギーのことです。このエネルギーが普及すれば、化石燃料の輸入を減らすことができ、日本のエネルギー自給率をあげることができます。発電する時にCO2をほとんど排出しないので、地球環境にも大きく貢献します。

化石エネルギーの残り資源量と世界のエネルギー需要の比較 コンパクトソーラー

収益シュミレーション コンパクトソーラー

コンパクトソーラー

全量買取制度における太陽光発電事業のメリット コンパクトソーラー

収入UP、支出DOWN、安定収益 コンパクトソーラー

全量買取制度による、遊休地の活用 コンパクトソーラー

case1:所有している土地にコンパクト太陽光発電を設置する コンパクトソーラー

諸条件により有効活用ができない土地などに太陽光発電システムを導入して、発電した電気の全量を売電します。 2012年7月からスタートした全量買取制度に伴い、買取価格32円(税別)/kwh(20年間固定)となる好条件で売電可能。このため、初期導入費を早期に回収することができ、収益性が高まります。

case2:土地を借りてコンパクト太陽光発電所を建設する コンパクトソーラー

土地を借りて太陽光発電所を建設し、発電した全量を売電します。ご希望のエリアより太陽光設置可能な遊休地をご紹介させていただき、ご予算にあったシステムを設計いたします。地代も含めたトータル資金に対する回収計画を立て、高い収益性を目指したプランニングをいたします。

case3:太陽光発電所のための土地を貸す コンパクトソーラー

発電所事業を希望される方に対して所有する土地を20年間貸し出すため、導入費用の負担をかけず確実な賃貸収入を得ることができます。今まで利用用途が見つからなかった土地でも、太陽光発電設置が可能となれば、収益資産として新たな利用価値が生まれます。

このような方が活用しています! コンパクトソーラー

コンパクトソーラー

コンパクトソーラー発電所の特徴 コンパクトソーラー

土地提供 コンパクトソーラー

土地が無くても大丈夫!最も発電量が多く割安な土地を全国に広がる、FCネットワークを通じて仕入れています。太陽光発電事業で有利な土地を厳選していますので、土地が無くても最小投資で効果を最大化するコーディネートが可能なのです。

高効率発電 コンパクトソーラー

数多いソーラーメーカーの中から最も発電量が多く、性能が高いソーラーシステムを使用しています。
目に見えない細かい技術にも配慮してパワーコンディショナーや、架台も選んでいます。

メンテナンスフォロー コンパクトソーラー

20年以上の保証がついていて安全。また、月々のデータ集計及び定期巡回をして、プロによるメンテナンスフォローがあるから安心です。

よくある質問 コンパクトソーラー

地震や台風には大丈夫でしょうか?
台風などの強風時でも十分耐えることが出来る設計になっております。
また、万一に備えて様々な自然災害に対しての保険もご用意しております。
設置後の除草などのメンテナンスは必要ですか?
発電はほとんどメンテナンスがかかりません。また、設置工事の際、防草施工しておりますので
草の管理も不要です。そして、当社が毎月システムの点検を行います。(有料)
どんな土地でも大丈夫ですか?
事業を行うにあたって独自選定システムがあり、発電効率から見た最適地を厳選致します。
せまい土地でも大丈夫ですか?
発電の効果を上げる為、150坪以上の広さが必要です。
融資はどうなりますか?
様々な銀行で低金利での融資が受けられるとともに国の特別支援が受けられる制度があります。
土地は無くても大丈夫ですか?
全国50店舗のFCネットワークで、最も太陽光発電に有利な土地を仕入れていますので、
最小投資で最大効果の期待できる土地を提供できます。
20年後はどうなりますか?
20年後には土地もしくは借地権や発電所という資産が残ります。再生エネルギーの時代的必要性から資産価値が高まるものと予想されます。また、発電所自体を買い取るシステムもあります。

土地活用・業者選びで悩まれている方にオススメ コンパクトソーラー

フリーダイヤル:0954-22-3268 コンパクトソーラー

資料請求・無料相談 コンパクトソーラー

資料請求はこちら コンパクトソーラー



ページの先頭へ戻る