パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー

日本人は木の家に住みたい

安全な住まいの条件は?と聞かれたら、みなさんはどう答えられますか?

「頑丈な家」「地震や嵐にもびくともしない家」「いざという時、シェルター代わりになる家」

「鉄筋コンクリート」「鉄骨」「石造り」etc

…しかしながら、
日本人のじつに7割が、鉄やコンクリートではなく、「木の家」に住みたいと考えているというのです。

木の家の弱点

木の家は決して弱いわけではありません。
ただし、木を使って頑丈で後悔しない家を建てるためには、
ある弱点を克服しておかなければなりません。
木の家の弱点、それは繊維の方向に対して直角にかかる
力に弱いということです。
梁のように横向きに使う場合、強度が不足がちになるといった弱点があります。
家を支える構造体の中で、重力を受けてたわみやすいのが梁。

縦向きの力には強く、横向きの力には弱い

木の中に鉄を組み込む?!

そこで私たちは住宅の耐久性、構造の信頼性にこだわり、
パナソニックの耐震住宅工法テクノストラクチャーを採用しています。
木に鉄を組み合わせた梁『テクノビーム』。
木造住宅の良さはそのままに、木造の弱点である梁を鉄によって補強した新技術です。

木造住宅とはココが違います!

  • 木材とてこつの複合梁『テクノビーム』
  • 一棟一棟綿密な構造計算
  • 振動実験で震度7をクリア

強い家を支える強固な構造部

木材と鉄骨の複合梁「テクノビーム」

パナソニックが開発した「テクノビーム」。
鉄だから接合部もタフ。
しかも縦の重さに耐える柱には、ムク材より1.5倍の強さを持つ集成材を使い、強さを高めています。

従来の木造住宅

テクノストラクチャー工法

一棟一棟緻密な構造計算

すべての家を専門スタッフが計算

職人の感覚に頼らず「科学的に強さが立証された家しか建てない仕組み」をとっています。
通常の約2倍、388項目もの構造計算書を、一棟一棟ていねいに作成します。

専門スタッフによる構造計算をすべての住まいに

地震・台風・豪雪に耐えられる家かどうかを事前シミュレーションします。
補強が必要ならば改善を重ね、すべての項目がOKになるまで「何度でも」チェックを行います。

地震・台風・豪雪

テクノストラクチャーで行う構造計算

振動実験で震度7をクリア

実証された高い構造強度

テクノストラクチャーの住まいは、世界最大の振動施設を持つ多度津工学研究所にて、阪神大震災のデータを用いた揺れを加える実験を、5回にわたってクリアしています。

振動実験



資料請求はこちらから

結露問題も克服

テクノビームの結露防止

テクノビームに板状断熱材を張り付け外気温がテクノビームに伝わってこないように
しています。
木と鉄という異素材の組み合わせは、強い上に結露問題も克服した
理想の梁となったのです。

パナソニックテクのストラクチャーの4商品がGOODDESIGMNAWARD2014を受賞しました!

グッドデザイン賞は1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。
デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。

2014年度受賞

長期優良住宅対応

朝日工業のお住まいは長期優良住宅に対応しています。

世代を越えて、長く快適に暮らすことのできる長期優良住宅。

構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、バリアフー性、省エネルギー性に優れ、木と鉄の特性を活かした高耐久・耐震構造により、住み心地の良い住環境と資産価値を永く保ちます。

住宅性能表示の8部門で最高等級!!

資料請求はこちらから


ページの先頭へ戻る